企画展「ふつうがえらい! エッセイスト 佐野洋子展」フォトスポット

企画展


企画展「草野心平の命名 名前・名前・名前」

会   期 2022年4月23日(土)~6月26日(日)
休 館 日 毎週月曜日

 

 草野心平(1903・988)は、詩の中に登場する蛙たちには「ぐりま」「ごびらっふ」、生活を共にした動物たちには「つる吉」「高蔵」、1952年から営んだ居酒屋「火の車」のお品書きには「どろんこ」「美人」といった様々な名前をつけました。
 本展では、心平が命名した事物を取り上げ、関連資料と心平の言葉で、命名の達人でもあった詩人の魅力を紹介します。



企画展「ふつうがえらい! エッセイスト 佐野洋子展」

会   期 2022年7月16日(土)~9月19日(月・祝)
休 館 日 毎週月曜日、7月19日(7月18日は開館)

 

 佐野洋子(1938~2010)は、絵本作家として活躍するかたわら、エッセイ、童話、戯曲など、数々の文章を残しました。
 著書の1冊に『ふつうがえらい』と題名をつけた佐野は、自身の経験や日々の生活を率直に綴り、読者に共感と力を与えてきました。
 本展では、自筆原稿や束見本、挿し絵原画、代表作である絵本『100万回生きたねこ』のデジタルリマスター版原画、佐野の愛用品等を展示し、すぐれたエッセイストでもあった佐野のことばを軸に、人物像やエピソード、絵の仕事などから、その魅力を紹介します。

会期中の催し


トークイベント「佐野洋子のとっておきばなし」

□日  時 2022年7月31日(日)14時~15時30分
□出  演 刈谷政則氏(編集者)
       広瀬弦氏(イラストレーター・佐野洋子長男)
□会  場 文学館小講堂
□聴  講 無料
□定  員 50名 要申し込み
□申し込み方法
郵便往復はがきの往信面に「①7/31希望、②郵便番号、③住所、④電話番号、⑤聴講希望者氏名(2名まで)」を、返信宛名面に応募者の郵便番号、住所、氏名を明記の上、「〒979-3122いわき市小川町高萩字下夕道1番地の39 いわき市立草野心平記念文学館 佐野洋子展 7/31係」まで。
□申し込み受付期間
2022年6月29日(水)~7月19日(火)当日消印有効。
定員を超えた場合は抽選となります。
往復はがき1枚で2名までの申し込みとなり、それ以上の人数を記入された場合は、無効です。
「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」に基づき、定員が変更となる場合があります。
□出演者プロフィール
刈谷政則(かりや まさのり)氏
1948年生まれ。大和書房、マガジンハウスを経て現在フリー編集者。佐野洋子との仕事は、『ふつうがえらい』(1991年 マガジンハウス)、『覚えていない』(2006年 マガジンハウス)、『佐野洋子 とっておき作品集』(2021年 筑摩書房)など多数。
広瀬弦(ひろせ げん)氏
1968年生まれ。絵本・本の挿し絵などを数多く手掛ける。絵本に『とらねことらたとなつのうみ』(あまんきみこ/作 2016年 PHP研究所)、『まり』(谷川俊太郎/作 2003年 クレヨンハウス)、『あ』(谷川俊太郎/作 2020年 アリス館)、『とりかえっこ ちびぞう 改訂版』(工藤直子/作 2022年 学研プラス)など。挿し絵の作品に『西遊記』シリーズ(斉藤洋/作 理論社)、『いそっぷ詩』(谷川俊太郎/作 2016年 小学館)、『幸福の王子』(O.ワイルド/作 森山京・石井睦美/文 2019年 ポプラ社)、『もうひとつのアンデルセン童話』(斉藤洋/作 2021年 偕成社)などがある。

ギャラリートーク

 学芸員による展示解説です。観覧券が必要です。
□日  時 2022年8月6日(土)、9月3日(土)
      いずれも14時~14時30分
□会  場 文学館企画展示室

企画展「萩原朔太郎大全2022 ―詩の岬―」

会   期 2022年10月8日(土)~12月18日(日)
休 館 日 毎週月曜日、10月11日(10月10日は開館)

 群馬県出身の萩原朔太郎(1886・942)は、口語自由詩を確立した詩人として知られます。室生犀星、山村暮鳥らと人魚詩社を設立し、詩誌「卓上噴水」を創刊するほか、第一詩集『月に吠える』は詩壇に大きな影響を与えました。
 本展は、朔太郎の没後80周年を記念する共同企画展「萩原朔太郎大全2022」に参加し、全国の文学館等と連携しながら、暮鳥の居住した大正初期のいわき地域が、詩壇の最先端だったことを紹介します。

スポット展示


「猪狩満直」

会期 2022年4月9日(土)~6月26日(日)
いわきゆかりの詩人で、草野心平とも交友があった猪狩満直の生涯と作品の魅力を紹介します。


「草野心平の料理」

会期 2022年7月2日(土)~9月25日(日)
「ふつうがえらい! エッセイスト 佐野洋子展」にちなみ、詩人・草野心平の料理を紹介します。


「吉野せい」

会期 2022年10月1日(土)~12月25日(日)
いわきゆかりの作家で、草野心平とも交友があった吉野せいの生涯と作品の魅力を紹介します。


「草野天平」

会期 2023年1月2日(月・休)~3月26日(日)
草野心平の弟、詩人草野天平(くさのてんぺい 1910~1952)の生涯と作品の魅力を紹介します。


常設展示 展示の構成


常設展示室内では、草野心平の生涯と作品を紹介しています。室内は、時間の経過とともに音や光が変化。カエルや虫たちの声、水のせせらぎと光の色の組み合わせによって心平の「すべてのものと共に生きる」作品世界を体感することができます。















草野心平の生涯とその時代

人生と時代・詩の変化
まるでタイムトンネルのようなドーム状の展示内部では、ジグザグロードとも言える心平の生涯と交友、そして作品を紹介しています。奥に進むつれ、85年間に渡る心平の歩みをたどることができます。


人間性を物語るエピソード

転居にみる人との交流
16歳で故郷を出てから40数年間、心平は日本国内だけでも合計32回の引越しをしています。中でも貧しかった20代から30代にかけては20数回の引越しをしましたが、その多くは家賃の支払いに行き詰ってのいわば「遁走」でした。ここでは、転居年譜とその転居の中で心平に寄せられた書簡を紹介しています。

居酒屋「火の車」
心平は生涯に様々な商売を手がけました。「火の車」は、1952(昭和27)年、東京都文京区田町に開いた居酒屋で、心平がカウンターで包丁を握り、奥の四畳半で寝起きをして健筆をふるったという記念碑的場所です。

石ころたち
コレクションの趣味などない心平が、ただひとつ、こだわって集め続けたもの、それが名もない石ころたちでした。地球の奥深く、幾万年と眠り続けた石の孤高と時間。小さな石を手にとって見つめるとき、心平はそこにミクロコスモスを感じるといいます。

命名の達人
心平が「命名の天才」だったことは誰もが認めます。命名とは、心平にとって最も短い詩の形態だったのかもしれません。ここでは作品に登場するカエルをはじめとした動物に命名した名前を紹介しています。心平が実生活で共に暮らした動物たちの名前もあります。

作品に見る草野心平の世界

モチーフ
心平が作品のモチーフとしていた世界を紹介しています。心平にとっての「生」、また彼の宇宙観にある「天」というモチーフを、本人の言葉とそれらを描いた作品によって紹介しています。

表す・奏でる
心平の詩的世界の中でも特に独創性にあふれた文字使い、擬音で構成された詩、そしてイメージの広がりと豊かな言語感覚を紹介しています。また、心平自身の肉声による自作詩朗読コーナーもあります。

年間催し案内





Copyright(c) 2014 Iwaki City Foundation For Education and Calture All Rights Reserved.