朝日に輝く二ツ箭山。草野心平にとって故郷の象徴ともいえる山。いわき市小川町地内の月山より撮影。

お知らせ

2019年1月12日(土)

 没後30年記念 冬の企画展「草野心平の居酒屋『火の車』もゆる夢の炎」[3月24日(日)まで]が開展しました。居酒屋「火の車」は、1952年3月から1956年12月にかけて、東京都文京区田町(1955年4月、新宿区角筈に移転)で心平が開いた居酒屋で、店内には「文学仲間との怒号の議論、客との喧嘩、連日の宿酔、そして執筆」という独特のエネルギーが渦巻いていました。本展では、「火の車」時代の心平を、①火の車開店まで、②火の車開店以後、③火の車常連客、さらに④草野心平・宮沢賢治・高村光太郎の食のエピソードの4つにわけて紹介しています。
 あわせて、スポット展示「草野天平 天平と妻梅乃」[3月24日(日)まで]、「ガリ版ワークショップ」参加者作品紹介[1月14日(祝)まで]が開展中です。
 文学館の常設展示室では、草野心平の生涯と作品の魅力を紹介しています。また、どなたでも無料でご利用いただける心平をはじめとしたいわきゆかりの文学者の著作を閲覧できる文学プラザや、子ども向けの絵本などが楽しめるえほんのひろばも、ぜひ、ご利用ください。
 本年も皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


企画展のご案内

没後30年記念 冬の企画展「草野心平の居酒屋『火の車』もゆる夢の炎」



スポット展示のご案内

スポット展示「草野天平 天平と妻梅乃」

 詩人草野天平(くさのてんぺい 1910〜1952)の生涯と作品とともに、彼の晩年の詩作を支え、没後は半世紀以上にわたって顕彰活動を続けた妻梅乃(うめの)とのかかわりに光をあてます。

会期 2019年1月2日(水)〜3月24日(日)
会場 文学館文学館常設展示室前
   観覧券が必要です。


催し物のご案内

「ガリ版ワークショップ」参加者作品紹介

 2018年12月1日(土)に開催したワークショップ参加者の作品を紹介します。

 詩人草野心平(1903〜1988)が大学生時代、創刊に参加した同人誌や、初めての詩集『廃園の喇叭』は、彼が自ら謄写版(ガリ版)で印刷、製本していました。
 このことにちなみ、毎年12月頃、謄写版のワークショップを開催し、明治時代の中頃から昭和30年代にかけて国民的印刷機とも呼ばれる普及ぶりだった印刷手法にふれるきっかけとしています。

会期 2019年1月2日(水)〜14日(月・祝)
会場 文学館アトリウムロビー
鑑賞 無料です。

朗読サロン

 楽しみながら朗読に親しみます。お気軽にご参加ください(いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会事業)。

日時 2019年1月12日(土)11時〜12時
会場 文学館会議室
参加 無料です。申し込みも不要ですので会場にお越しください。



没後30年記念 冬の企画展「草野心平の居酒屋『火の車』もゆる夢の炎」
ギャラリートーク

 学芸員による企画展の解説です。

日時 2019年1月12日(土)13時30分〜14時
会場 文学館アートパフォーミングスペース
聴講 観覧券が必要です。申し込みは不要ですので会場にお越しください。






2018年度(2018年4月〜2019年3月)の催しご案内

カフェ&レストラン スピカ

 いわき市立草野心平記念文学館併設のカフェ&レストラン スピカでは、心平の故郷でもある雄大な阿武隈山系を眺めながらお茶やお食事をお楽しみいただけます。
 11月〜2019年3月まで、冬季休業となります。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。詳しくはこちらへ。

草野心平ゆかりのいわきの詩人・作家

草野天平(くさの てんぺい)

猪狩満直(いがり みつなお)

吉野せい(よしの せい)

三野混沌(みの こんとん)

いわき市立草野心平記念文学館
 ボランティアの会

 日々、文学館の活動をを支えてくださっているボランティアの会のfacebookです。
いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会facebook

周辺のご案内

 いわき市小川町を中心に、いわき市立草野心平記念文学館、いわき市草野心平生家周辺の見どころをご紹介します。

リンク

 いわき市内の施設、主な文学館を紹介します。

お問い合わせ

いわき市立草野心平記念文学館
〒979−3122
福島県いわき市小川町高萩字下タ道1番地の39
TEL 0246-83-0005  FAX 0246-83-2939
E-mailinfo@k-shimpei.jp


ページのトップへ戻る