紅葉の阿武隈山系 2019年11月

お知らせ

2019年11月21日(木)

 晩秋、文学館のアトリウムロビーから一望できる阿武隈山系も紅葉を迎えています。
 現在、企画展「草野心平と粟津則雄」を開展中です[2020年2月24日(月・休)まで]。詩人草野心平と、文芸、美術、音楽評論家で、当館の名誉館長でもある粟津則雄の交流を自筆原稿、書簡、日記などから紹介しています。
 また、スポット展示「吉野せい」[~12月22日(日)]では、せいの初期の発表作品を雑誌などから紹介しています。
 草野心平の常設展示室では、心平の生涯と作品の魅力を紹介し、音や光の演出、心平の自作朗読音声などをとおし五感で作品世界を感じることができます。どなたでも無料でご利用いただける心平をはじめとしたいわきゆかりの文学者の著作を閲覧できる文学プラザや、子ども向けの絵本などが楽しめるえほんのひろばもございますので、ぜひ、ご利用ください。
 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


企画展のご案内

企画展「草野心平と粟津則雄」



催し物のご案内

ガリ版ワークショップ


かつて印刷機の代名詞だったガリ版印刷を体験し、オリジナルのクリスマスカードや年賀状を作成します。

□日 時 2019年12月7日(土)13時30分〜15時
□会 場 いわき市立草野心平記念文学館 小講堂
□講 師 文学館学芸員
□定 員 30名(先着順。事前の申込が必要)
□参 加 無料です。
□お申し込み方法
 住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上、次のいずれかの方法で「ガリ版ワークショップ」係までお申し込みください。お申し込み受付は11月15日(金)〜12月3日(火)必着で、定員となり次第、締め切します。
 ①電話 0246-83-0005
 ②FAX 0246-83-2939
 ③E-mail info@k-shimpei.jp
□持参物
 印刷する年賀状やはがき、カード(印刷できる大きさはA5判程度まで)。
  印刷したい図柄などの下書き、見本。
 印刷したはがきなどをはさむ不要な雑誌など。
 色鉛筆などの彩色用具。
 汚れてもよい服装か、エプロン等を準備してご参加ください。

□参加者作品の展示
「ガリ版ワークショップ」参加者作品紹介として、参加者の作品を紹介します。
 会期 2020年1月2日(木)〜13日(月・祝)
 会場 いわき市立草野心平記念文学館 アトリウムロビー


クリスマスえほんコンサート


「おおきなかぶ」や「きらきらねがい星」などの絵本を、「赤鼻のトナカイ」などのクリスマスにちなんだ楽曲とともに読み聞かせます。

□日 時 2019年12月22日(日)14時〜15時
□会 場 いわき市立草野心平記念文学館 小講堂
□読み聞かせ いわき絵本と朗読の会
□ピアノ   木田 麻貴
 鑑賞無料 お申し込み不要です。
 小学生以下の参加者150名様にサンタクロースがお菓子をプレゼント!








2019年度(2019年4月〜2020年3月)の催しご案内

カフェ&レストラン スピカ

 いわき市立草野心平記念文学館併設のカフェ&レストラン スピカでは、心平の故郷でもある雄大な阿武隈山系を眺めながらお茶やお食事をお楽しみいただけます。
 2019年4月3日より営業を再開しています。ご来店をお待ち申し上げております。

営業日 日・水・木  定休日 月・火・金・土
(なお、10月25日(金)〜31日(木)は臨時休業します)

詳しくはこちらへ。

草野心平ゆかりのいわきの詩人・作家

草野天平(くさの てんぺい)

猪狩満直(いがり みつなお)

吉野せい(よしの せい)

三野混沌(みの こんとん)

いわき市立草野心平記念文学館
 ボランティアの会

 日々、文学館の活動をを支えてくださっているボランティアの会のご紹介です。
 詳しくはこちらへ。

周辺のご案内

 いわき市小川町を中心に、いわき市立草野心平記念文学館、いわき市草野心平生家周辺の見どころをご紹介します。

リンク

 いわき市内の施設、主な文学館を紹介します。

お問い合わせ

いわき市立草野心平記念文学館
〒979−3122
福島県いわき市小川町高萩字下タ道1番地の39
TEL 0246-83-0005  FAX 0246-83-2939
E-mailinfo@k-shimpei.jp


ページのトップへ戻る