文学館の粟津則雄館長、いわき市文化スポーツ室文化振興課の松本真紀恵課長補佐をはじめ、吉野せいご遺族(四男)の吉野誠之さん、文学館庭園管理協力会の皆さんと。 2017年10月7日(土)

お知らせ

2017年12月12日(火)

 開催中の秋の企画展「没後40年記念 吉野せい展」が、いよいよ今月24日(日)までとなりました。
 少女時代から文学に傾倒した吉野せい(1899〜1977)は、結婚を機に創作活動から遠ざかりましたが、草野心平の勧めもあって、70歳を過ぎてから再び筆をとり、75歳の時に刊行した『洟をたらした神』で二つの文学賞を受賞、一躍、注目を浴びました。本展では、せいの生涯、創作の背景などにもふれながら、作品の魅力を紹介します。
 あわせて、スポット展示「猪狩満直」[〜今月24日(日)まで]を開催中です。吉野せいの夫三野混沌(本名 吉野義也)も含めた3人の交友を、作品と書簡などで紹介し、満直の生活に根差した創作の軌跡をたどります。
 また、今月23日(土・祝)には、毎年恒例の「クリスマスえほんコンサート」を開催します。会場前では、小学生までの先着150名様に、サンタクロースがお菓子をプレゼント! クリスマスにちなんだえほんと音楽の調べをお楽しみください。
 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。



秋の企画展「没後40年記念 吉野せい展」

 



催しのご案内

公益財財団法人いわき市教育文化事業団管理運営施設
平成29年度 冬休みの催し物ご案内



ギャラリートーク

秋の企画展「吉野せい展 没後40年記念」の担当学芸員による展示解説です。

日時 2017年12月17日(日)13時30分〜14時
会場 文学館企画展示室
聴講 観覧券が必要です。お申し込みは不要ですので会場にお越しください。


クリスマスえほんコンサート

クリスマスにちなんだ小学校低学年向けの絵本の読みきかせと、楽曲の演奏です。
小学生までの先着150名様には、サンタクロースがお菓子をプレゼント。

日時 2017年12月23日(土・祝)14時〜15時

演奏

ヴァイオリン 茂木智子(もぎ さとこ)
いわき市出身。上野学園大学卒業。桐朋学園大学院大学修了。これまでに、常光まり江、竹内茂、故江藤俊哉、藤原浜雄の各氏に師事。1994年、第1回バッハホール音楽コンクールにおいて最優秀賞を受賞。2007年より、ヴィオラとのデュオ「Ensemble Tomo’s」を結成。
現在、室内楽やオーケストラでの演奏活動を行う傍ら、いわき市中央台において後進の指導にあたっている。

ピアノ 木田麻貴(きだ まき)
いわき市出身。東京音楽大学音楽学部器楽専攻卒業。これまでに鈴木和子、中山栄美子、樋口恵子、須田眞美子の各氏に師事。2008年、フランス・ムーランダンテ夏期セミナーにおいてステューデントコンサートに出演。2010年、「葉っぱのフレディ」コンサートにて恩師である樋口恵子と共演。
現在、いわき市内で後進の指導にあたっている。

会場 文学館小講堂
鑑賞 無料です。お申し込みも不要ですので会場にお越しください。

協力 いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会








2017年度(2017年4月〜2018年3月)の催しご案内

カフェ&レストラン スピカ

 11月〜2018年3月までは休業期間となります。
 いわき市立草野心平記念文学館併設のカフェ&レストラン スピカでは、心平の故郷でもある雄大な阿武隈山系を眺めながらお茶やお食事をお楽しみいただけます。
 2018年4月より、ぜひご利用ください。詳しくはこちらへ。

草野心平ゆかりのいわきの詩人・作家

草野天平(くさの てんぺい)

猪狩満直(いがり みつなお)

吉野せい(よしの せい)

三野混沌(みの こんとん)

いわき市立草野心平記念文学館
 ボランティアの会

 日々、文学館の活動をを支えてくださっているボランティアの会のfacebookです。
いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会facebook

周辺のご案内

 いわき市小川町を中心に、いわき市立草野心平記念文学館、いわき市草野心平生家周辺の見どころをご紹介します。

リンク

 いわき市内の施設、主な文学館を紹介します。

お問い合わせ

いわき市立草野心平記念文学館
〒979−3122
福島県いわき市小川町高萩字下タ道1番地の39
TEL 0246-83-0005  FAX 0246-83-2939
E-mailinfo@k-shimpei.jp


ページのトップへ戻る