夏の企画展「いわむらかずお絵本原画展」 企画展示室内ではいわむらさんの作品世界にふれることができます。

お知らせ

2017年8月16日(水)

 夏の企画展「いわむらかずお絵本原画展」[〜9月24日(日)まで]を開催中です。
 いわむらさんの代表作「14ひきのシリーズ」は、30年以上続くベストセラー作品です。野ねずみの大家族の生活がほのぼのと描かれ、小さな昆虫や植物を地面から見つめる独特の視点は、読者を森の中に誘うかのよう。そして、とても印象的な「食事」の場面。家族みんなで囲む、ささやかでも温もりに満ちた食卓は、私たちに大切な何かを気づかせてくれるでしょう。ぜひ、魅力あふれる作品世界をご鑑賞ください。
 また、ミュージアムショップでは、絵本はもとより、キャラクターのバッジやポストカードなどの関連グッズ、そして、いわむらさんの直筆サインとシリアルナンバー入りの会場限定となる複製画もございます。
 あわせて、今年の夏も7、8月の土曜日(サマーナイト開館日)のコンサート等を始め、多彩で楽しい催しを開催いたします。ぜひ、ご家族連れでご来館ください。
 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


夏の企画展「いわむらかずお絵本原画展」のご案内

  

いわむらかずおさんのサイン本を限定販売

 いわむらかずおさんから、いわむらさんの直筆サイン入り絵本が届きました(限定100冊)。ご希望の方はお早めにお越しください。   専門学芸員 小野 浩


公益財団法人いわき市教育文化事業団管理施設
平成29年度夏休みの催し物案内



文学館「えほんのひろば」のご案内

 文学館アトリウムロビーにある「えほんのひろば」は、どなたでも無料でご利用いただけます。雄大な自然を前にぜひお楽しみください。

  

これからの催しのご案内

サマーナイトコンサート「ヒロミと愉快な仲間たち」

日時 2017年8月26日(土)17時〜18時

出演

バリトン 坂本弘美 さかもとひろみ
いわき市出身。磐城高校、東京芸術大学声楽科卒。劇団四季ではヴォイストレーニングを専門とし、後輩育成に務める。また、30代後半には日本女子体育大学大学院芸術スポーツ科へ入学。舞台芸術、スポーツマネージメントを学ぶ。フィットネスクラブにてパーソナルトレーナー、エアロビクスインストラクターとして活躍。20数年のインストラクターの経験を生かし、声楽を通してインナーマッスルの強化やウェイトトレーニングの重要性を提唱している。神奈川県川崎市在住。

バリトン 川戸健一 かわとけんいち
岩手県盛岡市出身、盛岡工業高校卒。18歳で社会人となり、豊洲で働き、ミューザ川崎で合唱と出会い、坂本先生に教えを乞う。震災時には井戸水給水の家という世田谷の配偶者宅に居候して、サッカー少年を筆頭に二人の孫のジージです。

アルト 元 久子 もとひさこ
東京都府中市出身、帝京大学経済学部卒。数年前、偶然に坂本先生の歌声を聴き感銘を受ける。「歌ってやっぱりステキ!」という眠っていた気持ちが爆発。レッスンを受けることになる。身体が楽器という難しさ、楽しさ、奥深さを改めて知りながら、目下悪戦苦闘中。

ソプラノ 白井順子 しらいじゅんこ
神奈川県川崎市出身、湘北短期大学卒。20代後半にイギリスに短期留学。複数ミュージカルを観劇し、帰国後フィットネスクラブにて坂本先生と出会う。NYフィットネスダンスアカデミーミュージカル科第1期生としてレッスンを始める。地道にヴォイストレーニングのレッスンを受け続け早数年。

ソプラノ 松本洋子 まつもとようこ
長野県諏訪郡出身、学習院大学文学部卒。学生時代は専ら演劇部で過ごす。ミュージカルに出演する機会を得るも、ソロはカットされるという悲しい過去を持つ。ゴスペルチームに所属。進歩ないなと悩むなか坂本先生を紹介していただく。先生のそばにいるだけで歌が上手くなったような気がしている今日この頃。

ソプラノ 盛田彌生 もりたやよい
熊本県熊本市出身。NHK放送合唱団時代より、四家文子、伊藤京子各氏に師事。ラジオ放送等で活躍。東京声専音楽学校卒。福岡では九響と共演し、その後、東京都田無市に移転。30数年に渡り、田無グランドマザーコーラス、コールファミリア、羽村ママコーラス等合唱指導を手掛ける。千葉県八代市在住。<

ピアノ 清水奈緒美 しみずなおみ
東京都田無市出身。国立音楽大学ピアノ科卒。大学在学中より伴奏中心の演奏活動を始める。卒業後は小学校勤務のかたわら、千葉県成田市での混声合唱団の創設に携わる。以来、毎年第九コンサートの伴奏者を務め、本年32回目を迎える。ソロ演奏より伴奏が好きな希少種。

主な演奏曲(予定)
 イタリア古典歌曲「いとしい人よ」「すみれ」「側にいることは」、日本歌曲「小さな空」「浜千鳥」「さくらさくら」「花すみれ」、合唱曲「心の瞳」、オペラアリア「わが名はミミ」「サムソンとデリラ」「ヴィリヤの歌」「メリーウィドゥワルツ」他

会場 文学館アトリウムロビー
定員 ありません。
鑑賞 無料です。申し込みも不要ですので会場にお越しください。


移動水族館

アクアマリンふくしまの移動水族館車「Aquaravan」がやって来ます。海辺の生き物たちにふれてみよう。

日時 2017年8月27日(日)10時〜15時
会場 文学館屋外エントランス前
鑑賞 無料です。申し込みも不要ですので会場にお越しください。

同時開催 小川町の農産物と軽食の販売(売り切れ次第、終了)
     小川町商工会青年部(焼きそば、飲料など。売り切れ次第、終了)

     大道芸 11時〜、12時〜を予定
      ジャグリング悠雲、ヨーヨーさい ほか(いわき芸能クラブ)




絵本の読み聞かせ

企画展「いわむらかずお絵本原画展」にちなんだ絵本などの読み聞かせです。

日時 2017年8月27日(日)13時〜14時
朗読 ふしぎなポケット
会場 文学館小講堂・えほんの広場
定員 ありません。
鑑賞 無料、申し込みも不要ですので会場にお越しください。


絵本の読み聞かせ

企画展「いわむらかずお絵本原画展」にちなんだ絵本などの読み聞かせです。

日時 2017年8月27日(日)14時〜15時
朗読 四倉おはなしひろば
会場 文学館小講堂・えほんの広場
定員 ありません。
鑑賞 無料、申し込みも不要ですので会場にお越しください。


文芸トーク「心平さんと父 檀一雄」聴講のお申し込み受け付け中

日時 2017年10月15日(日)14時〜15時30分

講師 檀 ふみ

女優。東京生まれ。作家 檀一雄の長女。慶應義塾大学経済学部卒業。高校生の時に東映映画「昭和残俠伝 破れ傘」でデビュー。翌年からNHK「連想ゲーム」のレギュラーを15年間つとめ、名解答者として親しまれ、お茶の間の人気者に。国内で映画「男はつらいよ・寅次郎純情詩集」「かまち」「山桜」「春を背負って」、ドラマ「日本の面影」「春の波濤」「花の乱」「藏」「功名が辻」「花燃ゆ」他、数多くの作品に出演する一方で、イギリスBBCとNHKとの共同制作ドラマ「ジンジャー・ツリー」はエミー賞にノミネートされ、各国で好評を博す。アメリカKCETとNHKとの共同制作ドラマ「LONG SHADOWS(邦題『エドとハル』)」では駐日アメリカ大使夫人ハル・ライシャワー役を熱演。オーストラリアでの舞台「SHADOW & SPLENDOUR」では唯一の日本人キャストとしてアデレイド演劇祭にも参加。
「N響アワー」の司会での軽妙な語り口は、クラシック音楽をもっと身近に親しむことができたと話題になる。
「新日曜美術館」の司会では美術を楽しみ、瀬戸内寂聴訳「源氏物語」の全巻朗読や「日めくり万葉集」の語りを務め、古典のすばらしさを伝えることにも力を注ぐ。
エッセイにも定評があり、阿川佐和子さんとの共著「ああ言えばこう食う」は若い女性の支持を受けベストセラーとなり、第15回講談社エッセイ賞を受賞。きものが大好きで「檀流きものみち」「檀流きもの巡礼」は全国の産地を訪ね歩いて本にまとめた労作。他に「父の縁側、私の書斎」「檀ふみの茶の湯はじめ」等多数。
現在NHKFMで、NHK交響楽団の過去60年の演奏会の中からの選りすぐりを紹介する「N響ザ・レジェンド」の進行役を担当している。

会場 文学館 小講堂、アトリウムロビー

定員 小講堂席 180名、アトリウムロビー席 100名(プロジェクター投影による中継映像での聴講)

聴講 無料ですが、申し込みが必要で、定員を超えた場合、抽選となります。

お申し込み方法
郵便往復はがきに「文芸トーク希望、郵便番号、住所、電話番号、聴講希望者氏名(2名まで)」を、返信宛名面に応募者の郵便番号、住所、氏名を明記の上、「〒979-3122 いわき市小川町高萩字下タ道1-39 いわき市立草野心平記念文学館 文芸トーク係」にお申し込みください。お申し込み受付期間は、8月16日(水)〜9月15日(金)必着で、定員を超えた場合、抽選により、小講堂席180名、アトリウムロビー席(プロジェクター投影による中継映像での聴講)100名を決定し、聴講整理券引換券となる返信はがきを9月末までに郵送します。
郵便往復はがき1枚で申し込めるのは2名様まで、それ以上の人数分を記入された場合は無効となります。







2017年 夏の催しのご案内

2017年度(2017年4月〜2018年3月)の催しご案内

カフェ&レストラン スピカ

 いわき市立草野心平記念文学館併設のカフェ&レストラン スピカでは、心平の故郷でもある雄大な阿武隈山系を眺めながらお茶やお食事をお楽しみいただけます。
 ぜひご利用ください。詳しくはこちらへ。

草野心平ゆかりのいわきの詩人・作家

草野天平(くさの てんぺい)

猪狩満直(いがり みつなお)

吉野せい(よしの せい)

三野混沌(みの こんとん)

いわき市立草野心平記念文学館
 ボランティアの会

 日々、文学館の活動をを支えてくださっているボランティアの会のfacebookです。
いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会facebook

周辺のご案内

 いわき市小川町を中心に、いわき市立草野心平記念文学館、いわき市草野心平生家周辺の見どころをご紹介します。

リンク

 いわき市内の施設、主な文学館を紹介します。

お問い合わせ

いわき市立草野心平記念文学館
〒979−3122
福島県いわき市小川町高萩字下タ道1番地の39
TEL 0246-83-0005  FAX 0246-83-2939
E-mailinfo@k-shimpei.jp


ページのトップへ戻る