いわき市市制施行50周年記念 いわきサンシャイン博事業 冬の企画展「忍たま乱太郎ミュージアム」
展示室内では、忍者道具の数々を紹介。顔認証ゲームにも挑戦してみよう。どの忍たまに似ているかな?

お知らせ

2017年3月11日(土)

 春の息吹が感じられるようになりました。
 いわき市市制施行50周年記念 いわきサンシャイン博事業 冬の企画展「忍たま乱太郎ミュージアム」[〜3月26日(日)まで]を開催中です。
 本展では、NHK Eテレで放送中の人気アニメシリーズ「忍たま乱太郎」の作者、尼子騒兵衛さんの原画をはじめ、長年にわたって収集された忍者道具などをご覧になれます。いろいろな形をした手裏剣や火縄銃、そして忍者刀などに囲まれていると、まるで忍者の世界に迷い込んだかのような気分に。
 会場ではさらに、忍者の衣装を着て記念撮影ができたり、カメラを見るだけで、どの忍たまに似ているかを判定するゲームがあったりと、まさに忍者になりきって楽しむことができます。本展は展示室内で写真撮影ができるほか、忍たまグッズも豊富に取り揃えています。
 あわせて、スポット展示「草野天平 『ひとつの道』刊行」[〜3月26日(日)まで]、全国文学館協議会 第5回共同展示 3.11 文学館からのメッセージ「復興の軌跡と文学」[〜3月31日(金)まで]と「いわきの復旧・復興進捗状況写真展」(県いわき建設事務所提供)[〜20日(月・祝)まで]、そして、常設展示室では草野心平の魅力を体感することができます。
 東日本大震災から6年が経過しましたが、当館は引き続き復興に向け、明るく元気な本市の姿を発信するような事業を展開していきます。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


いわき市市制施行50周年記念いわきサンシャイン博事業
冬の企画展「忍たま乱太郎ミュージアム」

  






 体験コーナー(無料)では、忍たまのオリジナルカード、モビールなどを
作ることができます。



文学館「えほんのひろば」のご案内

 文学館アトリウムロビーにある「えほんのひろば」は、どなたでも無料でご利用いただけます。雄大な自然を前にぜひお楽しみください。

  

これからの催しのご案内

詳しくはこちらへ。

森ミドリ
チェレスタとピアノと合唱によるコンサート 〜春の息吹〜

草野天平の詩による合唱組曲を初演

日時 2017年4月8日(土)14時〜15時30分

出演 森ミドリ
名古屋市生まれ。幼いころからヴァイオリンとピアノに親しみ、即興演奏や作曲を始める。
東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、及び同大学院修士課程修了。在学中に安宅賞を受賞。
作曲を池内友次郎、矢代秋雄、佐藤眞、各氏に師事。ピアノを小津恒子、伊達純に師事。
在学中からテレビ、ラジオなどで作曲・演奏・司会で幅広く活動。NHK「N響アワー」や「趣味の園芸」の司会・音楽でも知られる。現在は、ピアノ、チェレスタによる即興演奏を交えたトークコンサートや、朗読と演奏を織りまぜた文学コンサートを全国で行っている。
都内在住。

合唱 女性合唱団 月曜コール(指揮 根本尚恵)

内容 草野天平 詩 森ミドリ作曲 「秋」「独り坐って」「真昼」「簡素」「初夏の日なか」
    いずれも初演
   草野心平 詩 森ミドリ作曲 「春のうた」
   安野光雅 詩 森ミドリ作曲 「津和野」より
   以上の他、究極の癒しの楽器といわれる「チェレスタ」で、
   「金平糖の踊り」「愛の挨拶」「ユーモレスク」なども演奏予定。
会場 文学館アトリウムロビー
定員 150名
参加 無料です。申し込みも不要ですので会場にお越しください。







2017年2月〜3月)の催しご案内

2016年度(2016年4月〜2017年3月)の催しご案内

カフェ&レストラン スピカ

いわき市立草野心平記念文学館併設のカフェ&レストラン スピカでは、心平の故郷でもある雄大な阿武隈山系を眺めながらお茶やお食事をお楽しみいただけます。ぜひご利用ください。
詳しくはこちらへ。

草野心平ゆかりのいわきの詩人・作家

草野天平(くさの てんぺい)

猪狩満直(いがり みつなお)

吉野せい(よしの せい)

三野混沌(みの こんとん)

周辺のご案内

いわき市小川町を中心に、いわき市立草野心平記念文学館、いわき市草野心平生家周辺の見どころをご紹介します。

リンク

いわき市内の施設、主な文学館を紹介します。

お問い合わせ

いわき市立草野心平記念文学館
〒979−3122
福島県いわき市小川町高萩字下タ道1番地の39
TEL 0246-83-0005  FAX 0246-83-2939
E-mailinfo@k-shimpei.jp


ページのトップへ戻る