夏の企画展「いわむらかずお絵本原画展」 企画展示室内ではいわむらさんの作品世界にふれることができます。

お知らせ

2017年9月12日(火)

 9月9日(金)、夏の企画展「いわむらかずお絵本原画展」[〜9月24日(日)まで]が、1万人目の入館者をお迎えしました。これまで多くの皆様にお越しいただき、ありがとうございました。1万人目となられた市内の中学生、数間さんは、佐藤副館長から記念品として、いわむらかずおさんの絵本等を手渡された後、いわむらさんの企画展を熱心に鑑賞されていました。
 いわむらさんの代表作「14ひきのシリーズ」は、30年以上続くベストセラー作品です。野ねずみの大家族の生活がほのぼのと描かれ、小さな昆虫や植物を地面から見つめる独特の視点は、読者を森の中に誘うかのよう。そして、とても印象的な「食事」の場面。家族みんなで囲む、ささやかでも温もりに満ちた食卓は、私たちに大切な何かを気づかせてくれるでしょう。ぜひ、魅力あふれる作品世界をご鑑賞ください。あわせて会期中限定のミュージアムショップでは、絵本はもとより、キャラクターのバッジやポストカードなどの関連グッズ、そして、いわむらさんの直筆サインとシリアルナンバー入りの会場限定となる複製画もございます。
 また、文学館では、10月7日(土)より秋の企画展「吉野せい展 没後40年記念」[〜12月24日(日)まで]をはじめ、多彩な催しを開催いたします。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


  

夏の企画展「いわむらかずお絵本原画展」のご案内

  

いわむらかずおさんのサイン本を限定販売

 いわむらかずおさんから、いわむらさんの直筆サイン入り絵本が届きました(限定100冊)。ご希望の方はお早めにお越しください。   専門学芸員 小野 浩


文学館「えほんのひろば」のご案内

 文学館アトリウムロビーにある「えほんのひろば」は、どなたでも無料でご利用いただけます。雄大な自然を前にぜひお楽しみください。

  

これからの催しのご案内

朗読サロン

楽しみながら朗読に親しみます。お気軽にご参加ください。
いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会事業

日時 2017年10月7日(土)11時〜12時
会場 文学館会議室
参加 無料です。お申し込みも不要ですので会場にお越しください。



文芸トーク「心平さんと父 檀一雄」
聴講のお申し込み受け付けは終了しました

日時 2017年10月15日(日)14時〜15時30分

講師 檀 ふみ

 女優。東京生まれ。作家 檀一雄の長女。慶應義塾大学経済学部卒業。高校生の時に東映映画「昭和残俠伝 破れ傘」でデビュー。翌年からNHK「連想ゲーム」のレギュラーを15年間つとめ、名解答者として親しまれ、お茶の間の人気者に。国内で映画「男はつらいよ・寅次郎純情詩集」「かまち」「山桜」「春を背負って」、ドラマ「日本の面影」「春の波濤」「花の乱」「藏」「功名が辻」「花燃ゆ」他、数多くの作品に出演する一方で、イギリスBBCとNHKとの共同制作ドラマ「ジンジャー・ツリー」はエミー賞にノミネートされ、各国で好評を博す。アメリカKCETとNHKとの共同制作ドラマ「LONG SHADOWS(邦題『エドとハル』)」では駐日アメリカ大使夫人ハル・ライシャワー役を熱演。オーストラリアでの舞台「SHADOW & SPLENDOUR」では唯一の日本人キャストとしてアデレイド演劇祭にも参加。
「N響アワー」の司会での軽妙な語り口は、クラシック音楽をもっと身近に親しむことができたと話題になる。
「新日曜美術館」の司会では美術を楽しみ、瀬戸内寂聴訳「源氏物語」の全巻朗読や「日めくり万葉集」の語りを務め、古典のすばらしさを伝えることにも力を注ぐ。
エッセイにも定評があり、阿川佐和子さんとの共著「ああ言えばこう食う」は若い女性の支持を受けベストセラーとなり、第15回講談社エッセイ賞を受賞。きものが大好きで「檀流きものみち」「檀流きもの巡礼」は全国の産地を訪ね歩いて本にまとめた労作。他に「父の縁側、私の書斎」「檀ふみの茶の湯はじめ」等多数。
現在NHKFMで、NHK交響楽団の過去60年の演奏会の中からの選りすぐりを紹介する「N響ザ・レジェンド」の進行役を担当している。

会場 文学館 小講堂、アトリウムロビー

定員 小講堂席 180名
   アトリウムロビー席 100名(プロジェクター投影による中継映像での聴講)

聴講 無料ですが、申し込みが必要で、定員を超えた場合、抽選となります。

 お申し込みの受け付けは終了しました。定員を超えましたので、抽選により、小講堂席180名、アトリウムロビー席(プロジェクター投影による中継映像での聴講)100名を決定し、聴講整理券引換券となる返信はがきを9月末までに郵送します。
 たくさんのご応募、ありがとうございました。







2017年度(2017年4月〜2018年3月)の催しご案内

秋の企画展「没後40年 吉野せい展」のご案内

カフェ&レストラン スピカ

 いわき市立草野心平記念文学館併設のカフェ&レストラン スピカでは、心平の故郷でもある雄大な阿武隈山系を眺めながらお茶やお食事をお楽しみいただけます。
 ぜひご利用ください。詳しくは
こちらへ。

草野心平ゆかりのいわきの詩人・作家

草野天平(くさの てんぺい)

猪狩満直(いがり みつなお)

吉野せい(よしの せい)

三野混沌(みの こんとん)

いわき市立草野心平記念文学館
 ボランティアの会

 日々、文学館の活動をを支えてくださっているボランティアの会のfacebookです。
いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会facebook

周辺のご案内

 いわき市小川町を中心に、いわき市立草野心平記念文学館、いわき市草野心平生家周辺の見どころをご紹介します。

リンク

 いわき市内の施設、主な文学館を紹介します。

お問い合わせ

いわき市立草野心平記念文学館
〒979−3122
福島県いわき市小川町高萩字下タ道1番地の39
TEL 0246-83-0005  FAX 0246-83-2939
E-mailinfo@k-shimpei.jp


ページのトップへ戻る