草野心平の故郷、いわき市小川町の小川諏訪神社では、市天然記念物、樹齢500年以上とされるシダレザクラが開花しました。 2020年3月26日

開館しています

利用再開しました

 いわき市の「いわき市新型コロナウイルス感染防止一斉行動『第2ステージ』に係る小中学校等及び市の公共施設等の再開について」(2020年5月15日18時発表)の指針に基づき、臨時休館期間が終了しました。
 2020年5月21日(木)より通常通り開館しております。

来館者の皆様へ 感染対策についてのご案内

 皆様には平素より当館の活動にご理解・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、来館者の皆様に次の通りご案内いたします。

(1)館内では、咳エチケットを守り、マスクの着用をお願いいたします。
(2)入口受付前に、手指消毒液を準備しておりますので、ご利用ください。
(3)風邪のような症状や倦怠感がある方は、ご利用をご遠慮ください。
(4)密集を避けるため、やむを得ず入場制限を行う場合があります。
(5)密集状態とならないようお互いにご配慮ください。
(6)アトリウムロビーに入場票の記入所を設置しています。感染者の来場が判明した際、感染者と同時間帯に来場されていた方にご連絡を差し上げます。

ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


企画展のご案内

企画展「映画館の記憶 聚楽館をめぐって」




全国文学館協議会 第9回(2020年度)共同展示
 3.11 文学館からのメッセージ
「2020年に刊行された詩集と歌集から」






草野天平の集い 中止のお知らせ


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、草野心平生家にて2月28日に開催を予定しておりました「草野天平の集い」は、中止になりました。

 

文学旅行中止のお知らせ


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当館配布の年間行事予定表に記載しております「文学旅行」は中止になりました。

 

朗読サロン

楽しみながら朗読に親しみます。お気軽にご参加ください。
(いわき市立草野心平記念文学館 ボランティアの会事業)
□日  時 2021年1月9日(土)11時〜12時
□参  加 無料です。申し込みも不要ですので会場にお越しください。
□会  場 いわき市立草野心平記念文学館 小講堂




朗読サロン

楽しみながら朗読に親しみます。お気軽にご参加ください。
(いわき市立草野心平記念文学館 ボランティアの会事業)
□日  時 2021年2月6日(土)11時〜12時
□参  加 無料です。申し込みも不要ですので会場にお越しください。
□会  場 いわき市立草野心平記念文学館 小講堂




朗読サロン

楽しみながら朗読に親しみます。お気軽にご参加ください。
(いわき市立草野心平記念文学館 ボランティアの会事業)
□日  時 2021年3月6日(土)11時〜12時
□参  加 無料です。申し込みも不要ですので会場にお越しください。
□会  場 いわき市立草野心平記念文学館 小講堂




「火の車」一日開店

 草野心平が1952年から1956年の間経営していた居酒屋「火の車」にちなみ、「火の車」時代の心平の随筆などを朗読します。
 参加者には、心平が命名したお品書きにちなんだお土産を差し上げます。

■日 時  2021年3月14日(日)11時〜12時
■会 場  文学館 小講堂
■主 催  いわき市立草野心平記念文学館 ボランティアの会
■定 員  先着25名様
■参加費  300円 
     (常設展示室および企画展をご覧になる場合は観覧料が必要です。
      ※居酒屋「火の車」の復元展示は常設展示室内です。)
■申し込み いわき市立草野心平記念文学館
 電話 0246−83−0005 FAX 0246−83−2901 メール info@k-shimpei.jp
 「居酒屋『火の車』一日開店申し込み」として、
 ご氏名、年齢、ご住所、電話番号をお知らせください。
 ※お申し込み期間  2月 9日(火)9時 〜 3月10日(水)16時 
          定員になり次第、締め切ります。
 ※新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言(〜3/7)が延長された場合は、対象地域からのご参加をお断りする場合がございます。何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。
■共催  いわき市立草野心平記念文学館



詩人講演会「詩人 吉増剛造講演会 北緯37度07分44秒 東経140度49分59秒から」

□日  時 2021年3月20日(土・祝)14時〜15時30分
□講  師 吉増剛造氏
□聞 き 手 佐藤洋子氏
□参  加 無料です。
□定  員 50名 要事前申し込み
      ・「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」に基づき、
       定員が変更となる場合があります。
□申込期間 2月17日(水)〜3月6日(土)当日消印有効。
□申込方法 郵便往復はがきに必要事項を記入して郵送。

      往信面   ①3/20詩人講演会希望、②郵便番号、③住所、
            ④電話番号、⑤聴講希望者氏名(2名まで)
             ※郵便往復はがき1枚で申し込めるのは2名まで、
              それ以上の人数分を記入した場合は無効となります。
      返信宛名面 応募者の郵便番号、住所、氏名
      宛 先   〒979-3122 いわき市小川町高萩字下タ道1番地の39
            いわき市立草野心平記念文学館 3/20詩人講演会係
      ・定員を超えた場合は抽選になります。
       当落結果を返信はがきで3月12日(金)までに郵送いたします。

□会  場 いわき市立草野心平記念文学館 小講堂

□講師プロフィール

 吉増剛造(よしますごうぞう 1939〜)氏。東京都生まれ。 慶応義塾大学文学部国文科卒業。在学中から詩作を始め、1964年の第一詩集『出発』以来、先鋭的な現代詩人として国内外で活躍。詩の朗読パフォーマンスでも国際的に高い評価を受けている。80年代からは銅板に言葉を刻んだオブジェや写真作品を発表。詩集『黄金詩篇』(高見順賞)、『熱風 a thousand steps』(藤村記念歴程賞)、『オシリス、石ノ神』(現代詩花椿賞)、『螺旋歌』(詩歌文学館賞)、『「雪の島」あるいは「エミリーの幽霊」』(芸術選奨文部大臣賞)、『表紙』(毎日芸術賞)。東日本大震災の記憶を留める『裸のメモ』(2011年)、『怪物君』(2016年)、『火の刺繍』(2018年)などがある。2003年、紫綬褒章、2013年、文化功労賞、2015年、日本芸術院賞受賞。東京都在住。


□聞き手プロフィール

 佐藤洋子(さとうようこ 1951〜)氏。仙台市生まれ。 札幌に住んでいたころに、詩の朗読隊「北ノ朗唱」を知り、詩の魅力にひたり本気で詩を書きはじめる。旭川転居を機に、個人詩誌「トトラ」を発刊。更に1996年いわき市に転居1999年まで住む。その間、1997年いわき市久ノ浜の森美術館で「吉増剛造&マリリア」を企画開催。そのイベントの作品集として粥塚伯正氏らと詩誌「a’s」を発刊。2001年、南相馬市小高区にある埴谷島尾記念文学資料館開館1周年記念事業「『ドルチェ優しく』上映とお話吉増剛造」をいわきの友人たちと開催。現在、仙台市在住。 詩集に『(海)子、ニライカナイの歌を織った』(第25回山之口貘賞)、『呼子という鳥がいて』、『海の落し子たち』、エッセイに『クロウサギの島から』など。



 

2020年度(2020年4月〜2021年4月)の催しご案内

カフェ&レストラン スピカ

 いわき市立草野心平記念文学館併設のカフェ&レストラン スピカでは、心平の故郷でもある雄大な阿武隈山系を眺めながらお茶やお食事をお楽しみいただけます。

 毎週 水・木・土、11時30分〜14時00分 
 (オーダーストップ 13時30分)
 2021年2月20日(土)は臨時休業します。

詳しくはこちらへ。

草野心平ゆかりのいわきの詩人・作家

草野天平(くさの てんぺい)

猪狩満直(いがり みつなお)

吉野せい(よしの せい)

三野混沌(みの こんとん)

いわき市立草野心平記念文学館
 ボランティアの会

 日々、文学館の活動をを支えてくださっているボランティアの会のご紹介です。
 詳しくはこちらへ。

周辺のご案内

 いわき市小川町を中心に、いわき市立草野心平記念文学館、いわき市草野心平生家周辺の見どころをご紹介します。

リンク

 いわき市内の施設、主な文学館を紹介します。

お問い合わせ

いわき市立草野心平記念文学館
〒979−3122
福島県いわき市小川町高萩字下タ道1番地の39
TEL 0246-83-0005  FAX 0246-83-2939
E-mailinfo@k-shimpei.jp


ページのトップへ戻る