アトリウムコンサートでは、いわき市立小川中学校吹奏楽部の皆さんが演奏しました。吹奏楽コンクール東北大会でもご活躍を! 2015年8月23日

催し物のご案内


※お申し込みの表記がない催しは、直接、会場にお越しください。


ピアノと朗読で綴る 瀬戸内寂聴の世界

日時 2016年7月30日(土)17時〜18時30分

朗 読 朗読サロン・ミモザ
ピアノ 伊藤直子

会場 文学館アトリウムロビー
鑑賞 無料です。申し込みも不要ですので、会場にお越しください。




子どもフェスタ

日時 2016年7月31日(日)13時〜15時

出演 けん玉 けん玉8
   ジャグリング 悠雲
   手品 火の車太郎

会場 文学館アトリウムロビー
鑑賞 無料です。申し込みも不要ですので、会場にお越しください。




朗読サロン

楽しみながら朗読に親しみます。お気軽にご参加ください(いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会事業)。

日時 2016年8月6日(土)11時〜12時
会場 文学館会議室
参加 無料です。申し込みも不要ですので、会場にお越しください。




ギャラリートーク

学芸員による企画展「寂聴 愛のことば展」の展示解説です。

日時 2016年8月6日(土) 13時30分〜14時
会場 文学館企画展示室
聴講 観覧券が必要です。申し込みは不要ですので、会場にお越しください。


サマーナイトコンサート 鍵盤ハーモニカとリコーダーが面白い

日時 2016年8月6日(土)18時〜19時

出演 デュオピアリコ
    鍵盤ハーモニカ 伊藤直子
    リコーダー   藤原潤子

会場 文学館アトリウムロビー
鑑賞 無料です。申し込みも不要ですので、会場にお越しください。




子どもじゃんがら

草野心平の故郷であるいわき地域に伝わる郷土芸能で、彼が手がけた詩「施餓鬼」の主題にもなった、じゃんがら念仏踊りを、いわき市立小玉小学校4年生〜6年生21名が実演します。

日時 2016年8月14日(日)11時〜11時20分

実演 小玉郷土芸能クラブ いわき市立小玉小学校4年生〜6年生21名

会場 いわき市草野心平生家(いわき市小川町上小川字植ノ内6-1)
鑑賞 無料です。申し込みも不要ですので、会場にお越しください。




真夏のご陽気コンサート

日時 2016年8月20日(土)18時〜19時

出演 クール・ナガサキ&ハイビスカス(岡嶋善文、伊左地勉、岡澤敏夫)
   ラ・バスガイドス(嶋谷めぐみ、中村美香、野島優奈)

会場 文学館アトリウムロビー
鑑賞 無料です。申し込みも不要ですので、会場にお越しください。




いわき市立小川中学校吹奏楽部 アトリウムコンサート

日時 2016年8月21日(日)14時〜14時45分

演奏 いわき市立小川中学校吹奏楽部

会場 文学館アトリウムロビー
鑑賞 無料です。申し込みも不要ですので、会場にお越しください。




東京電機大学グリークラブ 男声合唱コンサート

日時 2016年8月27日(土)14時〜15時

出演 東京電機大学グリークラブ 40名(指導 梶取さより)
昭和24年、器楽を含めた東京電機大学音楽部として発足。昭和33年に第1回定期演奏会を開始し、部員約50名が参加。以後、合唱祭、コンサート等に多数参加して受賞、表彰されている。定期演奏会は昨年までに40回以上を数える。文学館でのコンサートは、平成26年度以来3回目となる。

会場 文学館アトリウムロビー
主催 東京電機大学グリークラブ
共催 いわき市立草野心平記念文学館
鑑賞 無料です。申し込みも不要ですので、会場にお越しください。




移動水族館

アクアマリンふくしまの移動水族館車、Aquaravanで海辺の生物とふれあうことができます。
さらに、移動水族館脇では、文学館の立地する小川町の農産物と軽食の販売を同時開催します(売り切れ次第、終了です)。
 ①小川の郷かあちゃんのじまん市(地元の新鮮野菜や加工品等を販売)
 ②ゆうゆうファーム(ジャム、カモミールのドライハーブ、パウンドケーキ、フェイジョアのきんつば等を販売)
 ③小川町商工会(焼きそば、飲料等を販売)

日時 2016年8月28日(日)10時〜15時
会場 文学館屋外エントランス前
移動水族館は無料です。申し込みも不要ですので、会場にお越しください。




朗読サロン

楽しみながら朗読に親しみます。お気軽にご参加ください(いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会事業)。

日時 2016年9月3日(土)11時〜12時
会場 文学館会議室
参加 無料です。申し込みも不要ですので、会場にお越しください。




朗読劇「走れメロス」

日時 2016年9月11日(日)14時〜15時

朗読 吉田直子(よしだなおこ)
学習院大学文学部仏文科卒。昴演劇学校在学中にオフィーリア役を演じた「ゴンザーゴ殺し」で初舞台を踏む。他に「羅城門」「イノセント・ピープル」(劇団昴)、「BLUE」「勉強会・ガラスの動物園」(昴ザ・サードステージ)、「孫文と梅屋庄吉」(東京ギンガ堂)、「プラトーノフ」(劇団俳小)、「明暗」(現代演劇協会)、「朗読劇 藪の中」(05project)、「旦那さまはハンター!(戯れの会+学習院)など。故 西本裕行氏と2008年よりほぼ毎夏上演してきた「父と暮せば」にはファンも多い。昨年からは1人芝居として上演している。最近では、鎌倉文学館での朗読公演にも力を入れている。ディグカンパニー所属。

音楽・チェロ独奏 坂本弘道(さかもとひろみち)
多種多彩なセッション及びソロを国内外で展開するインプロヴァイザー、作曲家。「パスカルズ」などのバンド活動、友川カズキ、遠藤ミチロウ、UA、川上未映子など共演・サポート多数。天野天街、寺十吾の演出作品をはじめ、流山児事務所「マクベス」、シスカンパニー「草枕」、アニメーション映画「緑子」(監督:黒坂圭太)など、近年は舞台や映像作品の音楽を数多く手がける。音楽ドキュメンタリー映画「WeDon't Care About Music Anyway」(2011年公開)出演。調布市せんがわ劇場「JAZZ ART せんがわ」プロデューサー。

会場 文学館アトリウムロビー
鑑賞 無料です。申し込みも不要ですので、会場にお越しください。







ページのトップへ戻る