アトリウムコンサートでは、いわき市立小川中学校吹奏楽部が演奏されました。3年生の皆さんにとっては最後の演奏となり、思い出に残るひと時でした。
文学館アトリウムロビー 2019年8月10日

催し物のご案内

柳 美里 文芸講演会「浜通りでの日々」
お申し込みの受付期間を延長しました

 東日本大震災後、県内南相馬市に移住した劇作家、小説家が、浜通りで暮らし、創作する日々と、2018年に開いた書店「フルハウス」をめぐる活動について講演します。

□日 時 2019年12月1日(日)14時〜15時

□講 師
柳 美里(ゆうみり) 劇作家、小説家。1968年、茨城県土浦市生まれ、神奈川県横浜市育ち。高校中退後、ミュージカル劇団「東京キッドブラザース」に入団。女優、演出助手を経て、1987年演劇ユニット「青春五月党」を結成。1993年『魚の祭』で、第37回岸田國士戯曲賞を受賞。1994年初の小説作品「石に泳ぐ魚」を、文芸誌「新潮」に発表。1996年『フルハウス』で、第18回野間文芸新人賞、第24回泉鏡花文学賞を受賞。1997年「家族シネマ」で、第116回芥川龍之介賞を受賞。1999年『ゴールドラッシュ』で、第3回木山捷平文学賞を受賞。2001 年『命』で、第7回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞を受賞。2015年、鎌倉市から福島県南相馬市に転居。2018年、書店「フルハウス」を開店。青春五月党の復活公演を行う。

□会 場 いわき市立草野心平記念文学館 小講堂、アトリウムロビー
□定 員
 ⑴小講堂席 180名
 ⑵申し込み受付期間は、10月24日(木)〜11月26日(火)必着です(延長しました)。
 ⑶定員を超えた場合、抽選により、小講堂席180名、アトリウムロビー席(プロジェクター投影による中継映像での聴講)100名を決定し、聴講整理券引換券となる返信はがきを11月29日(金)必着です。
 ⑶定員を超えた場合、抽選により、小講堂席180名、アトリウムロビー席(プロジェクター投影による中継映像での聴講)100名を決定し、聴講整理券引換券となる返信はがきを11月21日(木)までに郵送します。
 ⑷郵便往復はがき1枚で申し込めるのは2名まで、それ以上の人数分を記入した場合は無効となります。


いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会事業
文学散歩


福島市の古関裕而記念館、福島県立美術館などをめぐります。

□日 程 2019年11月23日(土)
□行 程(予定)
 8時 いわき市役所 駐車場 集合
 10時15分 〜 11時15分 古関裕而記念館
 11時35分 〜 12時35分 昼食
 12時50分 〜 13時50分 福島県立美術館
 14時20分 〜 15時00分 アンナガーデン
 17時30分 いわき市役所 駐車場着 解散
□定 員 40 名
□参加費 4,500 円(バス代、昼食、施設利用料、旅行傷害保険料等を含む)
□お申し込み 定員になりましたので、お申し込みの受付は終了しました。
 ※いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会会員、同館職員が同伴します。
 ※行程、キャンセル料、その他詳細については、株式会社たびごこちにお問い合わせください。
□企画協力 いわき市立草野心平記念文学館ボランティアの会
      いわき市立草野心平記念文学館 電話 0246-83-0005
□実  施 株式会社たびごこち いわき市鹿島町走熊字小神山48-3
 福島県知事登録旅行業第2-354号
□バス運行 株式会社報徳バス、いわき観光バス


ガリ版ワークショップ


かつて印刷機の代名詞だったガリ版印刷を体験し、オリジナルのクリスマスカードや年賀状を作成します。

□日 時 2019年12月7日(土)13時30分〜15時
□会 場 いわき市立草野心平記念文学館 小講堂
□講 師 文学館学芸員
□定 員 30名(先着順。事前の申込が必要)
□参 加 無料です。
□お申し込み方法
 住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上、次のいずれかの方法で「ガリ版ワークショップ」係までお申し込みください。お申し込み受付は11月15日(金)〜12月3日(火)必着で、定員となり次第、締め切します。
 ①電話 0246-83-0005
 ②FAX 0246-83-2939
 ③E-mail info@k-shimpei.jp
□持参物
 印刷する年賀状やはがき、カード(印刷できる大きさはA5判程度まで)。
  印刷したい図柄などの下書き、見本。
 印刷したはがきなどをはさむ不要な雑誌など。
 色鉛筆などの彩色用具。
  汚れてもよい服装か、エプロン等を準備してご参加ください。

□参加者作品の展示
「ガリ版ワークショップ」参加者作品紹介として、参加者の作品を紹介します。
 会期 2020年1月2日(木)〜13日(月・祝)
 会場 いわき市立草野心平記念文学館 アトリウムロビー






ページのトップへ戻る